岩鋳・南部鉄器・インテリアTOP文鎮・動物シリーズ文鎮・地蔵 竹蚊遣り・香炉・香立
キャンドルスタンド・ウサギインテリア文具|だるまストーブ|懐かしの郵便ポスト風鈴フロアーライト・ネコ

岩鋳・オイルポット だるまストーブ/本場盛岡南部鉄器

オイルポット だるまストーブ/岩鋳・南部鉄器 オイルポット だるまストーブ
 懐かしいだるまストーブのオイルポットです。だるまストーブをリアルに再現していますが、上部は、水とアロマオイルがのるよう、皿の構造になっています。本体部は、中央で2つに分かれ、本体下部の中にキャンドルを入れます。キャンドルの炎が、のぞき窓から漏れ、その明かりをながめていると、小さなだるまストーブが、本物のように生き生きと小さな空間に、よみがえってきます。そしてアロマオイルの香り。いつのまにか、静かに思いをいろいろ巡らしている私がいます。・・・・・・・・・

 私にとって、だるまストーブは、小学校、中学校時代の思い出の象徴のひとつだ。(ちなみにだるまストーブは少数だが、現在でも活躍している)
 火をつけると、時々ひどい煙に悩まされた。ゴーッと火力が強くなると、強い空気の流れが生まれ、煙はそれに乗り、いつの間にか、なくなっていった。石炭なので、くべるのを忘れると、火は消えてしまう。常に注意しておかなくてはいけない。またたくさんの燃えカスがでた。そばにはその燃えカスを取り出すための、先がL字の棒と、そのカスを入れて、廃棄するためのトタンのバケツが用意されていた。さらに石炭をくべるスコップと。かなり面倒な作業だったと記憶している。その作業は、順番にまわってくる、ストーブ係に委ねられた。

 だるまストーブの姿はなぜか記憶に残っている。それは、カタチがユーモラスで個性的であったことと、なんにもまして、面倒だったからだ。(便利で簡単に扱えるものは、容易に忘れてしまうものだ。)そんな手をかけなければいけないストーブだが、いつしか子供達を集め、コミュニティーゾーンを形成していった。皆、顔を火照らせ、頬を紅潮させて、そこでたわいもない話をした。
 小さなこのオイルポットに火を着け、ながめていると、ふとそんな昔を思い出した。
オイルポット だるまストーブ/岩鋳・南部鉄器
拡大


リアルに作られたオイルポット だるまストーブ
オイルポット だるまストーブ/岩鋳・南部鉄器 オイルポット だるまストーブ/岩鋳・南部鉄器 オイルポット だるまストーブ/岩鋳・南部鉄器

オイルポット だるまストーブ/岩鋳・南部鉄器 オイルポット だるまストーブ/岩鋳・南部鉄器 オイルポット だるまストーブ/岩鋳・南部鉄器
本体部は2つに分かれます。 皿部は取り外しできます。 上記のように3つに分かれます。



オイルポット だるまストーブ/岩鋳・南部鉄器 オイルポット だるまストーブ

サイズ:11.5×12×H17.5cm
重量:1.1Kg

▲オイルポット だるまストーブ ご使用方法

アロマオイル、※キャンドルは付いておりません。



※キャンドルは直径40mm以内、高さ20mm以内のアルミカップに入ったものをご使用下さい。

商品番号 商品名 価格(税込) 数量 購入
NA-215-00 オイルポット だるまストーブ ¥10,800→¥9,720




南部鉄器・岩鋳こちらへもどうぞ

▲南部鉄器・岩鋳インテリア館TOPへ ▲トップページ