TOPページ& 「ステンレス カレー皿」ステンレス カレートレー&カップ
ステンレス 洋食皿 ランチ皿ステンレス 仕込み皿ステンレスカレーポット
ステンレス ライス型ステンレス アイスカップステンレス 玉子切り器ステンレススリムポット

月兎印 ステンレススリムポット

月兎印のステンレススリムポット0.7L
月兎印 ステンレススリムポット
ステンレスで縦長のコーヒーポットも見ると、どうも昭和の純喫茶が思い出される。今では店はめっきり数を減らした。ステンレスコーヒーポットはどこか昭和の面持ちだ。
 ステンレスのコーヒーポットは、貧弱な作りのものはダメだ。大きさではなくて、しっかり作り込まれたものでなくてはいけない。ここで展示の「ステンレススリムポット」は、成型加工、溶接、研磨等、ひとつひとつ職人の手によって作られている。製作は大量生産方式ではない。
月兎印のステンレススリムポット0.7L
 磨きは鏡面研磨仕上げで、職人によって、丁寧に磨き上げられている。美しい輝きを放っている。しかしこれは時が経てば、当然輝きは色あせてくる。これが良いのだ。プラスチックは経年による美しさは生まれない。紛れもなく退化してくる。しかし金属は、経年によりまた別の趣が生まれる。特にしっかり作り込まれた製品は。
 ステンレススリムポットは口元の形状に大変こだわっている。お湯を真上から、細く、長く、注ぐ量をコントロールしやすいよう、設計されている。業務用としても使用されている※月兎印の琺瑯スリムポットの技がここでも活かされている。


月兎印
月兎印
※月兎印(つきうさぎじるし)の歴史
月兎印(つきうさぎじるし)の歴史は、(株)フジイの創業者である藤井操によって、1923年に始まりました。ブランド創業当時は、写真が大衆化した時期と重なり、写真現像用バットが大ヒット。その後、業務用での使用に耐えられるコーヒーポットなど、ずっと変わらない品質を守るため、メイドインジャパンにこだわっています。1980年、現在の月兎印のアイコンともいえるスリムポットが誕生。毎日の暮らしに、良質で、永く使える生活用品を取り入れたい人たちに絶大な支持を得ました。そして現在、「ゲット」という愛称でたくさんの人に愛されるブランドとなっています。---月兎印のパンフレットより


月兎印 ステンレススリムポット 蓋の特長
 お湯などを注ぐときにフタがずれ落ちないように、右図にようにフタと本体の接触部分をわずかに広げたずれ落ち防止設計になっています。
 そのため、フタを本体から垂直に引き上げてもフタは外れにくくなっています。
<フタの開閉方法>
本体の取っ手をしっかり持ち、フタのツマミを持って斜めにした状態で開閉して下さい。
 
月兎印のステンレススリムポット 月兎印のステンレススリムポット


月兎印 ステンレススリムポットの特長

月兎印のステンレススリムポット0.7L 月兎印のステンレススリムポット0.7L
注ぐ量やタイミングをコントロール
しやすいよう設計された注ぎ口。
2本の持ち手。
中側の持ち手は、直接本体に
触れていないので、熱くなりにくい。
月兎印のステンレススリムポット0.7L 月兎印のステンレススリムポット0.7L
底面 美しい鏡面
月兎印のステンレススリムポット0.7L 月兎印のステンレススリムポット0.7L
機能性を備えた美しい
フォルム。
化粧箱



月兎印のステンレススリムポット0.7L 月兎印 ステンレススリムポット

満水容量:0.7L

サイズ:W20.5×D10×H16cm

材質:18-8ステンレス(底厚0.7mm)
    鏡面研磨仕上げ

重量:420g

電磁調理器には対応しておりません。
商品番号 商品名 価格(税込) 数量 購入
CR-024-00 月兎印 ステンレススリムポット ¥10,800→¥8,640



▲ステンレスカレー皿・ステンレス製品TOPへ  ▲トップページ