岩鋳・ヨーロッパだより2

IWACHU・ヨーロッパだより2
岩鋳・佐藤氏よりお手紙をいただきました。ヨーロッパでは「和」「アジア」の人気が引き続き高いようです。今回、お手紙とともにスイスで撮られた写真も送って頂きました。
(上)スイス・レマン湖   岩鋳・佐藤氏撮影




 和興スチールの皆様いつも大変お世話になっております。
この2月に、ドイツ・フランクフルトで行われた展示会(フランクフルトメッセ・アンビエンテ)訪問後、スペイン→スイス→フランスと販売店などを訪問して参りました。

ヨーロッパでも健康志向の高まりから日本茶を飲用する人が増えており、多くの方が鉄瓶(鉄急須)で雰囲気を出しながら毎日のように日本茶を楽しんでいるようです。
お陰様でヨーロッパ(北欧・西欧)での需要も順調に伸びつづけており、今回はスペインやフランスの地方都市も訪問してきましたが、お茶屋さんや日本などアジア調のインテリアや雑貨を扱うコンセプトショップなどで鉄瓶(鉄急須)を販売しているお店を数多く見かけ、その浸透ぶりを窺うことが出来ました。

今回お送りした写真はスイス・ジュネーブの販売店を訪問した際に撮影したものです。
国連やWHOなど国際機関と美しいレマン湖で有名な都市ですが、弊社の鉄器を販売しているお店も5~6店程あります。

岩鋳 佐藤

※フランクフルトメッセ:世界最大の消費財見本市
(テーブルウエア、キッチン・ハウスウエア、インテリア・家具、時計、アクセサリートなど)
スイス・ジュネーブ1
スイス・ジュネーブ2
スイス・ジュネーブ3



▲岩鋳・南部鉄器のページ