舘林・古琳庵窯TOP|古琳庵陶歴|減塩味わい皿(丸大)15絵柄減塩味わい皿(角大)15絵柄

有田焼窯元 舘林古琳庵窯 陶歴


初代古琳庵/舘林 貞夫(故)
 初代古琳庵/舘林 貞夫氏(故)

明治41年 有田町に生まれる。

大正11年 有田町内の窯元にて修業。

昭和4年 赤絵で知られる名窯、柿右衛門窯に移り、12代・13代の2代にわたり約50年間絵付作陶に従事。

昭和49年 卓越技能章『現代日本の名工』に選ばれる。

昭和50年 黄綬褒章受賞。

昭和54年 柿右衛門窯の退職期に、舘林古琳庵窯を築窯。

昭和59年 勲六等単光旭日章受賞。

昭和62年 古美術名品の復興を手掛ける。
有田町の姉妹都市ドイツ・マイセン市へ花瓶を寄贈。

昭和63年 全国各地の百貨店・ギャラリーでの個展・展示会を始める。

平成4年 初代古琳庵死去。



二代目古琳庵/舘林宏久 
二代目古琳庵/舘林宏久氏(左)
世界的チェロ奏者・ヨーヨー・マ氏(右)と 
左より 2代目古琳庵、アメリカ・ライス元国務長官
3代目古琳庵、ヨーヨー・マ氏 

昭和22年 有田町に生まれる
昭和46年 有田町内の窯元にて修行。

昭和54年~ 父と共に窯を築窯、美術品の制作を開始する。主にデザイン面での研究、数々の斬新な器を世に送り出す。

平成4年 2代目古琳庵を襲名。
古美術の名品復興の為、本格的な作陶を始める。
ニューヨーク・ロックフェラーセンターにて個展。
ボストン市のギャラリーにて個展。

平成5年 2代目古琳庵展を各地で開催。

平成8年 新宿・小田急百貨店にて個展。
ブルガリア・トルコにて古美術の視察調査。

平成9年 日本文化フェスティバルへ参加。(モナコ)

平成10年 東京銀座・ギャラリープレンヌ・ビューにて個展。
モナコ王室へ蓋付沈香壺を献上。
米国クリントン大統領へ花瓶を贈呈.。

平成11年 HOFEX99出展(香港)
有田陶器市主催「第一回あなたが選ぶ安らぎの器展」(第一位)
韓国ソウル市新羅ホテルにて個展。
法人名を合名会社館林古琳庵へ変更。

平成12年 ニューヨーク日本料理店「及川」にて展示会を開催。
ドイツ・マイセンのマイスターを招いて交流作陶を実施。
ドイツ・マイセンのマイスターとの合同作陶展。(京王百貨店)
トプカプ宮殿美術館に有田延宝様式の参考品として収蔵される(トルコ)

平成14年 米国ブッシュ大統領へ蓋物を贈呈。
フランス・マルセイユ日本週間へ参加。
スミソニアン博物館フォークライフフェスティバルに参加。(ワシントンDC)
世界的チェロ奏者、ヨーヨー・マ氏へ大皿を贈呈。
スミソニアン帰国展を開催。(銀座・ギャラリーオガタ)

平成15年 BOUTIQUE JAPONAISEにて個展。(スイス・ジュネーブ)

平成16年 現代のライフスタイルにあった器づくりを立ち上げる。
東京ドーム テーブルウェアフェスティバルに出展を始める。

平成17年 米国ライス国務長官へ飾り皿を贈呈。

平成20年 全国の百貨店にて販売会を始める。
現在に至る



▲このページのTOPへ ▲トップページ