文化鍋/亀印

文化鍋/亀印文化鍋/亀印 昭和30年代、この文化鍋はどの家庭でも使われていたという印象がある。それは大きな羽釜に代わっての登場だった。軽く、少ない分量でも美味しく炊ける。そして吹きこぼれが少ない。そんな文化鍋の魅力が、羽釜の現代版として、多くの家庭に受け入れられたのだった。

昭和30年代はみなよくごはんを食べた。おかずが今と違い質素だったから、ごはんで腹をみたした。昭和30年代も、特に後半に入ると、高度経済成長の波にのり、日本は大きく成長していく。洋風化が顕著に進み、料理も洋風化していく。おかずの品数が増え、冷凍技術の進歩と相まって、食生活も豊かになる。その頃になると、ごはんは前ほど食べられなくなってしまう。そして昭和30年ごろに発売された電気釜の普及も大きく進み、文化鍋の地位は徐々に奪われていった。そして現在、電子炊飯器全盛の時代となった。
しかし最近大きな変化が生まれている。お米の品質にこだわるようになり、次はそれを炊く釜に注目が集まり始めた。専門のごはん釜だ。弊社でも、南部鉄器のごはん鍋を展示している。人気商品のひとつだ。薪や炭とまではいかなくても、ガスで炊くめしはうまい。そして昔の羽釜で炊くめしはうまい。お焦げだって味わえる。

美味しさで右に出るものがない羽釜、文化鍋はまぎれもなく、その羽釜の伝統を受け継いだものだ。肉厚のアルミ。熱伝導に優れる。熱がまんべんなく全面に渡る。熱のあたりがやわらかい。保温性がいい。そして現在でも注目を集めているウォーターシール効果により、旨みや栄養素を閉じこめる。またさらにその効果で、吹きこぼれが大変少ない。縁が立ち上がっているので安全だ。手入れも簡単。気軽に使えて、すべてにバランスのいい鍋だ。煮込み、煮物、カレーなどにも活躍してくれる。特長を列記していくにつけ、文化鍋はもしかして、現代的鍋と呼んでよいのではないかと思えてくる。

今、ごはん釜の人気は、お米を美味しく炊こうという思いと同時に、私たち自らの感覚を使って、炊くこと自体を楽しもうということからもきているように思う。火加減の調整を自分で行う。少し前まではあたりまえのことだった。

文化鍋のウォーターシール効果

ふきこぼれ防止と同時に、うすい水の膜ができる現象
これにより栄養素の酸化による損失が少なく、他の調理道具に比べて理想的なお料理ができます。
文化鍋/亀印 文化鍋/亀印 文化鍋/亀印
ピッタリと気持ちよく合わさっている本体とフタ。ウォーターシール
効果を発揮します。
フタの形状。 本体のフタののる部分。

文化鍋/亀印 文化鍋/亀印 文化鍋/亀印
安定感のある鍋。 持ち手 底部

文化鍋 おいしいごはんを炊くポイント(製品に添付のしおりより)
火加減は最初強火で
沸騰してきたら、弱火にして15分。消す前にもう5秒だけ強火にしてから火を止め、さらに12~13分蒸らしてください。

●お客様からのお便り  



文化鍋/亀印 文化鍋

材質:アルミニウム鋳物 底厚:3mm

文化鍋16cm 直径:16cm 炊量:約0.3Kg(約2.5合)

文化鍋18cm 直径:18cm 炊量:約0.5Kg(約3.5合)

文化鍋20cm 直径:20cm 炊量:約0.7Kg(約5合)

文化鍋22cm 直径:22cm 炊量:約0.9Kg(約6.5合)

文化鍋24cm 直径:24cm 炊量:約1.2Kg(約8.5合)

文化鍋26cm 直径:26cm 炊量:約1.6Kg(約1.1升)
1  2 
商品番号 商品名 価格(税込) 数量 購入
TO-002-00 文化鍋16cm ¥4,644→¥3,715
TO-003-00 文化鍋18cm ¥5,400→¥4,320
TO-004-00 文化鍋20cm ¥6,264→¥5,011
TO-005-00 文化鍋22cm ¥6,804→¥5,443
TO-006-00 文化鍋24cm ¥7,560→¥6,048 --- 完売
TO-007-00 文化鍋26cm ¥9,180→¥7,344 --- 完売



▲トップページ