ムッカ エクスプレス


MADE IN ITALY

Mukka Express「ムッカエクスプレス」は、ドイツの著名なデザイン賞「Design Plus」を受賞しました。美しいデザイン、機能性の評価とともに、環境に対する配慮や生活を楽しく豊かにしてくれるユニークさが、国際的に認められました。

なんて印象的なの! とびぬけて可愛い! ムッカエクスプレス 


直火式カプチーノメーカー ムッカ エクスプレス

 家でカプチーノを作るのは結構大変です。ミルクフォームとエスプレッソを別々に作らなくてはいけないため、手間がかかります。またできあがった時には、手間取って冷めてしまうということもあります。そして電気式は、きれいに仕上げてくれますが、置くスペースに困るという方もおいでかと思います。
 「ムッカエクスプレス」は、直火式でコンパクト。エクスプレッソメーカーにミルクフォーム用特殊バルブを取り付けることにより、エスプレッソとミルクの泡立てを同時に行うことができます。泡立ちは豊かです。
 このムッカエクスプレスは、ヨーロッパで大ヒットした商品で、大変な数が販売されたと聞いております。たぶん革新的で尚かつ機能的な道具として、多くの人に受け入れられたのでしょう。 
 牛の模様が特徴で、可愛らしい製品になっています。大胆な構図がちょっと驚かされます。イタリアって、日本人にない感性をもっていて魅せられます。違和感はまったくありません。美味しいカプチーノのイメージを連想させるデザインもお楽しみ下さい。
 このカプチーノメーカーは手動の直火式です。電気式とは違い、慣れとか、コツが少し必要と思います。でも手動で、泡が立つのを確認しながら、いれるカプチーノ。作る過程も楽しみのひとつではないでしょうか。

ビアレッティ社について
ムッカエクスプレスを製造しているのは、イタリアのBIALETTI社です。ビアレッティ社は1918年に創設されたイタリア最大の調理器具メーカーです。
イタリア調理器具の約30%、エスプレッソメーカーの約70%のマーケットシェアを誇る)

2004年 ビアレッティは、家で手軽にカプチーノを、という夢を「Mukka Express」の発明で実現しました。


ムッカ エクスプレスの構造とカプチーノの作り方
<用意するもの(2杯分)>
・コーヒーの粉/約15g(深煎り細挽きのエクスプレッソがお奨めです。それ以外でも挽いたコーヒーの粉でしたらお好みでお楽しみ頂けます。)
・水/約150cc
・牛乳/190cc(「成分無調整」または「種類別 牛乳」の表示のあるものを使用して下さい。)

<カプチーノの作り方>
1.タンクに水を入れます。付属の計量カップ1杯、またはタンク内側の下の水位線まで水を入れて下さい。

2.フィルターバスケットにコーヒーの粉を入れて、タンクにセットします。
タンクから外したフィルターバスケットにコーヒーの粉をすりきり1杯入れ、フィルターバスケットのまわりについたコーヒーの粉をよく落として、タンクにセットします。
(タンクと上部をしっかりと回して、閉めて下さい。加熱中は約2気圧の圧力がかかます。しっかり閉めないとお湯が漏れることがあります。)


3.上部フタを開け、牛乳を入れます。(牛乳水位線まで)


圧力バルブのボタンが下がっていることを確認して下さい。



4.火にかけて約4~6分(目安)でふわふわのカプチーノができあがります。
4~6分で「ポン」という音がして圧力バルブのボタンが上がります。スチームが牛乳を泡立て始めますので、溢れないようにフタを開けて下さい。
ガスコンロをご使用の場合、底から炎がはみ出さないよう注意して下さい。

注:インスタントコーヒー、フレーバーコーヒーは使用しないで下さい。

カフェ・ラテ(ミルキーコーヒー)も作れます。作り方説明書も添付されています。













ムッカ エクスプレス仕様
ムッカエクスプレス ムッカ 2杯用

サイズ:
本体/長さ19.5cm 高さ20cm 底辺Φ13cm
計量カップ/高さ8.3cm 直径7cm(150cc)

重量:本体/955g、計量カップ/20g

材質:
本体/アルミダイキャスト
パッキン/シリコン(耐熱温度220℃)
ハンドル・ツマミ/フェノール樹脂

ガスコンロ、電気コンロ、ハロゲンヒーターでお使いいただけます。
IH電磁調理器ではご使用になれません。

在庫数:2
商品番号 商品名 特別価格(税込) 数量 購入
EX-001-00 ムッカエクスプレス ムッカ 2杯用 ¥6,912



▲トップページ