▼アイデアあふれるキッチン用品達 TOP

chef'n シェフィン アボカドカッター



シェフィン
アボカドカッター
 最近、ご家庭で多く食されるようになってきたアボカド。クリーミーで濃厚な果肉がなかなか美味です。我が家では、ワサビ醤油に付けてよく食べます。またよく知られるようになりましたが、お刺身と一緒に食べると、高級なマグロのトロのような味に変身します。お刺身がワンランクアップするようです。
 ただ皮が厚く、剥くのには一苦労です。
すべりやすく、切りにくいアボガド。それを簡単にスライスする小道具があります。とてもユニークな発明。それがシェフィンのアボカドカッターです。

アメリカのchef'n(シェフィン)社は、料理研究家兼発明家のDavidHolcomの開発した、便利でユニークな機能を持った、デザイン性の高いキッチン用品を創り続けています。
最初の商品である1982年のガーリックマシーンや、代表アイテムであるウサギの形をしたソルトボール、ペッパーボール等々で、世界のキッチンを楽しく演出しています。



縁が鋭くなっています。
アボガドの縁に沿って
切り込みを入れていきます。
切り込みを入れる樹脂の
刃です。
滑りにくいグリップ。

幅はグリップの両サイドに圧力をかけることで
ある程度調整ができます。(1と2)


アボカドカッター 使用方法
あらかじめ種は取り除いて
おきます。
ハンドルを片手で持ち、
もう片方の手で半分に
切ったアボカドを持ちます。
先端部分をアボカドのカーブに
沿うようにして挿入します。
ハンドルをゆっくりと手前に引き、
アボカドをカットします。
すくい取った状態です。
アボカドカッター感想:
始めに刃を入れる時に若干力がいる感じですが、入ってしまうと、抵抗無く、すんなり切れます。アボガドが柔らかく、少しくずれそうでしたが、1回目で一応無事に切り取れました。慣れてくるともっと上手にできそうです。ただ、アボカドが堅いと、どうかなぁ?と思いますが、堅いアボカドは美味しくないので、頃合いの良いもので、実行して下さい。また柔らかすぎるものは、くずれる恐れがあるかもしれません。包丁よりはかなり楽に切れると思います。



現在、販売の「アボガドカッター」は、色合いが、下記のように変更されております。
形状、仕様についてはまったく同じです。
シェフィン アボカドカッター

サイズ:192×69mm

材質:
本体/ナイロン(耐熱温度200℃)
グリップ/エラストマー樹脂(耐熱温度110℃)
商品番号 商品名 価格(税込) 数量 購入
CH-004-00 シェフィン アボカドカッター ¥1,080→¥972



▲このページのTOP ▲トップページ